アニマルセラピーに興味のある人、進路はどうする?就職する方法、留学する方法。

アニマルセラピー, ホースセラピー, ホースセラピー

今回はアニマルセラピーの進路として、就職と留学のお話をします。

大学進学についてはこちらの記事で書いていますので、こちらと合わせてご覧ください!

 

アニマルセラピー業界に就職する

以下の業界に「就職する方法」をご紹介します。

  • アニマルセラピー業界
  • 動物の業界
  • 人に関わる業界

アニマルセラピー・ホースセラピーは、いろんな分野の人が集まって行う活動です。

おそらく、現在アニマルセラピーの現場で働いている方のほとんどは、専門学校や大学で学ぶのではなく、現場で学びながらお仕事をされています。実際に求人内容も「学歴」というより、動物経験や福祉・教育などの経験が重視されたり、未経験歓迎の場合も多いです。

働きたいからと言って、専門学校や大学で学ぶ必要は、必ずしもないのです。

 

メリット

メリット1:経験値が上がる

私は大学でアニマルセラピー・ホースセラピーを「4年間」学びましたが、仮に就職していれば、同じ頃には「4年の現場経験」が得られます。

どっちが良いという事はないですが、こちらの記事でも紹介した通り大学に進学したからと言ってアニマルセラピーの活動が毎日できるわけありません。「現場で関わりたい」という強い気持ちがあるなら、就職して経験を積みながら知識をつけるのも良いと思います。

 

メリット2:金銭面

学費を支払う大学とは違い、お給料や手当てをもらいながら学ぶことができます。

もちろん大変なことも多いかもしれませんが、仕事の日は現場で働きながら、休みの日でアニマルセラピーのボランティアをしたり、講習会に参加して学び続けることも可能です。

 

デメリット

デメリット1:お給料

「メリット2:金銭面」とは少し意味が違うのですが「大卒か?高卒か?」によって、毎月のお給料設定が異なる場合があります。もちろん大卒の方が給料が高い傾向にあります。

仕事内容に関わらず、最終学歴を給料の判断基準にする所は多いので、進路決定の際に知っておくと良いかもしれません。

 

デメリット2:仕事内容

「アニマルセラピーだけ」をやるお仕事を見つけるのは難しいです。

例えば、あなたがアニマルセラピーの活動をしてる高齢者施設に就職したとします。アニマルセラピー担当で就職したとしても、その施設はあくまで「高齢者施設」であって、アニマルセラピーの活動は「取り入れてるだけ」なので、施設側の業務や事務作業などを行う可能性も高いです。

就職を考えるのであれば、どのくらいの比率で、どんな仕事が割り当てられるのか?をしっかり確認しておきましょう。

 

アニマルセラピーを学びに留学する

難しいこと承知ですが、「海外に留学をする」方法をご紹介します。

この分野は、やはり日本よりも海外。特にヨーロッパやアメリカなどの欧米が進んでいます。なので、「もともと海外に興味があるんだよね!」という方は、語学を学んで、留学をするのも1つの方法です。

順序としては、まず英語を学び、学校を探し、入学資格をクリアし、入学準備し、いざ留学。って感じです。

留学は無理という方も、この分野に関しては「英語を学ぶだけ」で、拾える情報が何十倍・何百倍も増えます。もっと言うと、読めなくても理解できなくても「英語への抵抗感」をなくすだけでも得します。

大学に進学して、交換留学制度を利用するのもアリですね。

 

おわり

以上で今回はおわりです!

ホースセラピーに興味がある方、こんな仕事をしてみたいという方に参考にしていただければと思います。

この仕事に興味のある方は、以下の記事も参考にしてくださいね。

最後まで読んでくださりありがとうございました!