動物 × 英語学習 NO 12 〜risk, fluctuation, procure, prioritise〜

動物×英語学習

 

動物好きのための英語学習 第12弾!


英語学習って地味で孤独で辛いけど「好きなこと」と掛け合わせれば、きっと面白くなるはず!というアイデアの元、英単語を動物に絡めて動物の例文とともにご紹介します!


例文はすべてオリジナル。私の頭の中で出てきた「動物×英語」の例文です。

 



risk:あえて〜する、覚悟の上でやる


例1:ヌーの川渡り


Gnu’s crossing river risk dangerous.(ヌーの川渡りは危険を覚悟の上だ。)

私は何よりヌーの単語に驚きでした。「ヌー=gnu」と書くそうです。

 



fluctuation:変動


例1:気候と価格

 Price fluctuation of harvest influence the farm cost.(収穫物の価格変動は、農場コストに影響を与える)

特に家畜たちの餌となる穀物や牧草は、大きな影響を与えます。

 

例2:競走馬の価格

Price fluctuation of racehorse have increased.(競走馬の価格は高騰した。)

競走馬の価格は、何より血統が大切だそうです。

 

procure:〜を獲得する、手に入れる

例1:乾季

 The dry season is difficult to procure food for wild animals.(乾季は野生動物にとって、餌を手に入れにくい。)


どんな動物か?によって得意な時期は違いますが、水さえも手に入れにくいというのは、やはり厳しいですよね。




 

例2:メスライオン

 The female lions procure the all food for their family.(メスライオンたちは、家族のために全ての食べ物を獲得する。)

母は強し。女は強し。

 

prioritise:〜を優先させる

例1:母鳥

Mother bird prioritises a healthier baby to feed.(母鳥は、餌やりにおいてより健康なヒナを優先させる。)

場合によって、弱っているヒナを見捨てることもあります。これも自然界を生き抜くため、健康なヒナをもっと立派に成長させるため。




 




おわり



今回は以上で終わりです。


英単語とその意味を「暗記する」だけでなく、「実際に使ってみる」ことで記憶の定着は格段に上がります。みなさんもぜひ例文を作ってみてくださいね!


「記事を読んで終わり」になる前に、コメント欄に例文を投稿してみましょう!!

 



それでは、次回もお楽しみに!