ヨーロッパに住んで感じる動物感の違い。

アニマルセラピー, サイトについて, その他, ホースセラピー, ホースセラピー, 世界の馬情報, 世界の馬文化, 未分類

今回は、私がヨーロッパに住んでいて感じる「動物観の違い」についての記事です。

ヨーロッパに住んで3年になりました

2017年にヨーロッパに移り住み、今年で3年目になりました。

フランス、ハンガリー、ポーランドという国々での生活の中で、「ヨーロッパの人たちは、動物をどういう風に捉えているんだろう?」という動物感を肌で感じたお話です。

個人的な見解ですが、この違いが、ペット文化やアニマルセラピー普及の根本にあるのではないかな?と思います。

 

 

よく動物業界の話題になるとお米が動物福祉について進んでいるんですとかお米の方が人と動物がすごく身近だよねっていう話になると思うんですけどその根本には人と動物がどういう暮らしを今までしてきたかっていうのがすごく関係していると思っていてそれが上手に表れているのがペットとコンパニオンアニマルというのをすごく漢字ますテープのペットとコンパニオンありまるって言うのは経つとも動物の呼び方で経済動物っていう呼び方をする動物がいたり家畜って呼ぶ動物がいたり後は番犬や盲導犬介助犬牧羊犬や救助犬などこの呼び方は人間にとっての役割を表していますでその中でもペットとコンパニオンアニマルっていうのすごく似ていて同じようなものを指してると思うんですけどその定義の違い意識の違いっていうのが日本の日本人の動物観とヨーロッパの人たちが持っている動物館この違いにすごく近いんじゃないかなと思いましたので紹介をしたいと思いますまずペットについてです日本に住んでいる方にとっては一番なじみのある言葉じゃないかなと思いますどういう意味があるのかっていうのを辞書で調べてみようと思うペットとは愛玩動物のこと大切に可愛がるために飼育されている動物を言うという風にありますこの中に出てきた愛玩動物っていうのはそばにおいて可愛がったり姿や仕草声などを楽しんだりすることを目的に飼育される動物という風にありますこの辞書の意味を聞いてみなさんどう感じるでしょうか人間側が受けるメリットっていうのをすごく強調されているなっていう風に感じます一方でコンパニオンアニマルっていうのは人と長い歴史を共に暮らしてきた身近な動物を伴侶や家族友達と同様に位置づけてコンパニオンアニマルと呼ぶコンパニオンアニマルの条件は人とともに暮らしその動物の獣医学主精光堂人と動物のヒョウ2感染症が解明されていることという風に書いてありますコンパニオンアニマルっていうのはこのカタカナを日本語に訳すと伴侶動物ということもできてまさに可愛がる大正から1ランク上に上がって家族や友達のような感覚で一緒に暮らす仲間のような意味がありますこれにはさっき開けたペットにはない互いの関係性が見えてくるような言葉ですでこの二つの言葉の定義を踏まえて私は日本の社会では飼われている動物がペットとして認識されていてこちらのヨーロッパではコンパニオンアニマルとして動物が社会の中に溶け込んでいるなーっていうのをすごく感じました具体的に言うとバスや電車などの公共交通機関に一緒に乗れたりとかカフェ夜エストランに一緒に入れたり後はスーパーやお店モールの前に犬用の飲み水が置いてあったりしますこのように生活の中で犬が飼い主さんと色んな所に行ける環境になっていますこの環境を羨ましいなと思ってる方もいると思うんですけどそのぶんヨーロッパで見かける犬達は本当にいい子が多いです飼い主さんとお散歩していても二度ぐんぐん引っ張ってるような犬はあまり見ませんしお散歩中の犬同士がすれ違ったとしても匂いを嗅いで挨拶をしたりはしますけどお互いに吠えたりっていうこともほとんど見ませんまたバスや電車とはレストランやカフェに一緒に入っている犬達も本当に大人しくて探さないと気づかないぐらいおとなしく一緒にじっと座っていたりっていう状況何度も見ましたこれを見て私が思ったの 飼い主さん側の意識が高いという点ですペットとして可愛がる対象であればただ可愛い動物がそこにいてくれるだけで十分なんですけどもコンパニオンアニマルとして社会の中に一緒に出て行きたいっていう風になるとその犬が社会に迷惑をかけないように飼い主さんがしっかり犬のしつけ訓練をするという意識があるんだなと思いますで最後に私が伝えたかったのはどうコンパニオンアニマルって呼びましょうっていうのいいたいわけではなくてこの意識の違いが動物の社会進出とか飼い主さんにとって暮らしやすい社会っていうのを生んでいるのかなと感じたっていう点です他にもこういうところが違うんじゃないとか旅行先でこういうのを見ましたとかありましたらご意見いただけるとうれしいですそれでは