海外で競馬観戦!おすすめの4ヶ国!

モノ, 体験

競馬好きの方なら「死ぬまでに一度でいいから、海外で競馬観戦をしたい!」と思う人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、海外競馬観戦におすすめの4ヶ国!を紹介します。

個人で海外競馬観戦、できるのか!?

結論、できます!

海外競馬観戦も、平たく言えば「海外旅行」。目的がちょっと違うだけです。

基本的には海外旅行に必要なものを持って、現地の競馬場に行けば良いだけなので、個人旅行でも問題ありません。

とはいえ「海外は行ったことない!」という方もいるはずなので、ざっくり海外競馬観戦に必要なものをまとめます。

海外競馬観戦に必要なモノ・こと

  • パスポート
  • 航空券
  • ホテルなどの宿泊
  • クレジットカード・現地通貨
  • 海外旅行保険
  • コンセントの変換器
  • ポケットWifi(推奨)
  • 他、着替えや食料など

この中でも海外競馬観戦には、ポケットWifiの持参を推奨します!

もちろん海外旅行なので英語ができるに越したことはないですが、今の時代、ネットがあればGoogle翻訳ができたり、GoogleMapでアクセス検索もできます。

海外で競馬新聞やレース表を見つける事もあるでしょう。でも例え自力で読めなくても、見出しや数値の項目を検索すれば、なんとなく意味も分かって面白いものですよ!

そして、ポケットWifiも今は色んなサービスがあります。「出発前に日本で借りて、海外で使って、日本に到着してから返す」というサービスもありますので、ぜひインターネット環境を整えておくことをオススメします。

1ヶ国目:イギリス!

馬といえば!海外競馬といえば!イギリスをイメージする方も多いはず。

イギリスでは、年間を通して様々なレースが開催されています。

3歳王者を決める英ダービー、8つのG1を5日間で行うロイヤルアスコット開催、4つのG1を1日で行う英チャンピオンズデー、そしてイギリスの馬券売上第1位でもあるグランドナショナル開催も有名どころです。

また、イギリスはレースだけでなく、競馬文化を楽しむにも最高です。

世界最大の馬の町「ニューマーケット」では、競馬場だけでなく、競馬にまつわる歴史や博物館を巡ることもできます。

レース日は海外競馬観戦を楽しみ、レースのない日は競馬文化をめぐる旅をする。そんな旅行を楽しめるのが、イギリス競馬観戦の魅力です!

2ヶ国目:フランス!

フランスといえば、凱旋門賞!

そんな世界最高峰のレースのひとつである、憧れの凱旋門賞は、毎年10月の第1日曜日に、フランス・パリのロンシャン競馬場で行われます。

ただ、フランス競馬は凱旋門賞だけではありません。

フランス競馬には平地・障害・速歩の3つがあり、パリ近郊だけでも、ロンシャン競馬場・オートゥイユ競馬場・サンクルー競馬場・ヴァンセンヌ競馬場など複数の競馬場があり、パリ滞在だけでも3〜4日では足りないほど。

また、パリから少し離れたシャンティイは「馬の町」とも呼ばれ、お城の横に建設された「世界一美しい競馬場」があったり、馬の博物館があったりします。

3ヶ国目:オーストラリア!

最近日本の馬主さんも増えているという、オーストラリア。

オーストラリアは元々イギリスの植民地だったということもあってその影響を強く受け、今では南半球を代表する競馬大国となっています。

その中でも大人気なのが「メルボルンカップ(G1)」です。

オーストラリア競馬は州ごとにまとまっており、メルボルンカップが開催されるヴィクトリア州では、このメルボルンカップの開催日が祝日になるほどの盛り上がりだそう!

南半球なので、日本が冬の頃にオーストラリアは夏、日本が夏の頃にオーストラリアは冬と、季節感が異なるのも面白いポイントです。

4ヶ国目:ハンガリー!

ハンガリーと聞いて、どこ?馬いるの?と思った方もいるのでは?ヨーロッパの東側(東欧)の国です!

この国、実は!伝説の競走馬を生み出した国でもあるんです!

その名馬の名は「キンチェム」。その記録はなんと54戦54勝!1874年に誕生し、2歳でデビューを果たしてからというもの、ヨーロッパ各地の様々なレースで勝ち続けました。10馬身差を超える大差勝ちを見せることもあったそうです。

そんな歴史的快挙を生み出した名馬を讃え、首都ブダペストには「キンチェム競馬場」があります。

また、先祖が騎馬民族だったこともありハンガリーには独自の馬文化があるなど、大変面白い国でもあります。

初めての海外競馬観戦にはマニアックすぎるかもしれませんが、2ヶ国目や3ヶ国目には良いかも!

あなたはどの国に行きたいですか?

ということで、今回は「海外で競馬観戦!おすすめの4ヶ国!」をテーマにまとめました。

筆者もフランス・ハンガリーで競馬観戦をしたことがありますが、同じ競馬でも開催国が違えばその文化や雰囲気も違うもので、競馬場の隅々まで巡った経験は、とても楽しかったです!

  • この国に行きたい!
  • あの国の競馬はどうなんだろう?

などありましたら、ぜひこちらからリクエストテーマを送ってくださいね。

皆さんのリクエストで「世界のタテガミ」がもっと盛り上がります♪